幸せな結婚のための婚活カウンセリング・コーチング・ビリーフチェンジセラピー・東京/横浜

あなたの婚活を成功へと導く【無料】メール講座
あなたの婚活がうまくいかない原因、うまくいくためには何をすればいいかを解説します!
【無料】メール講座の購読申し込みはこちら

コラム・読みもの

【ビリーフチェンジ③】自分を一番に大切にする

夫との夫婦関係の悩み、「家事や育児のサポートをお願いしても嫌な顔をされ、夫婦の絆、つながりが感じられず、強い孤独感を感じている」ということを、セラピーの場で扱ってもらいました。すると、子どものころ、両親が怒鳴り合いのケンカしている場面を思い出しました。すっかりその当時の感情を思い出した私は目の前にはイスがあるだけなのに子どものように、泣きじゃくっていました。そして、ビリーフチェンジで扱う3つの感情【怖い】【悲しい】「腹が立つ】それぞれについて、「何が、怖いか」「何が、悲しいか」「何が、腹が立つのか」を両親のイスに向かって語りました。「お父さんとお母さんが、怒鳴り合いのケンカをしていて何が起きているのか、わからなくて怖い。」「お父さんとお母さんが、私のことを気にかけてくれなくて、悲しい。」「お父さんとお母さんが、私のことを夫婦ケンカの仲裁役に利用して、腹が立つ。」他にも、もっとたくさんの子どものころには言えなかった私の気持ちを親に話すことができました。

【ビリーフチェンジ②】自分より他人のことを優先しなければならない

「自分より他人のことを優先しなければならない」あなたも、このように信じて、相手のことを優先することを心がけていませんか?私は、子どもの頃から、「自分より相手のことを優先すること」を心がけてきました。この思い込み(信念)は、母との関係で作られました。母は家族のために、仕事も、家事も、育児も頑張っていました。同時に、夫婦関係に悩みがあり、私は、そんな母の愚痴聞き役でした。愚痴を聞くことは、子どもの私にとっては負担でしたが、それを嫌だとは言えませんでした。私は思春期で、本当は自分のことで精一杯だったし、私の話を聞いて欲しかった。でも、そのことも言えませんでした。だって、お母さんがしんどそうだったから。その時、私は母との関係を通じて、私は、自分のことよりも、お母さんを優先にしなければならない、というビリーフ(信念)を身に付け自分よりも相手のことを優先する人間関係を築くようになりました。

【ビリーフチェンジ①】問題のすべてを自分のせいにしない

私は、自分自身の恋愛や結婚がうまくいかない原因は自分にあると捉えて、セラピーを受けたり自分の言動を振り返り、変えていくことで夫婦関係を改善してきました。そのことで結果も出たこともあったのですが、同時に、「私が悪いから、こうなったのだ」という思考から、自己否定感にも苦しんでいました。でも、ビリーフチェンジセラピーに出会い、「私が悪いから」うまくいかない・・・のではない!ということを、理解しました。男女の間に問題があるとき問題の要因は両方にあります。だから問題が起きた時、問題がなかなか解決しない時、私が悪いんだ・・・私の努力が足りないからだ・・・と自分を責めてはいけない、のです。このように、問題の責任を自分一人で背負いすぎる傾向のある人には「子どもであってはいけない」というリミッティングビリーフがあります。

自己紹介★人生ストーリー★幸せな結婚への道・最終章~離婚の危機を乗り越えた、今だから言えること

私たちの夫婦関係は、子どもが生まれてから激変しました。お互いに離婚を考えてしまう・・・産後クライシスを経験しました。私は、子どもの幸せを思うと、なんとか離婚しないですむ道はないかと夫婦関係改善のために、思いつくかぎりのことをしました。それでも、なかなかうまくいかず、ビリーフチェンジセラピーに出会い、劇的に夫婦関係が改善されました。夫は優しくなり、家事や育児に、協力的になりました。穏やかな関係が戻ってきて本当に、良かった!と思いながらも、ずっと、気になっていたことがありました。私は、幸せにならないためにこの結婚を選んだのではないか?と。