「もう婚活をやめて、結婚したい!」あなたへ

人生最後の婚活塾≫で理想の結婚を実現する!
婚活戦略の専門家☆
マリッジカウンセラーの山本沙世です。

私の自己紹介をかねて

私がこれまでの人生で経験した
≪ 恋愛⇒結婚⇒離婚⇒再婚 ≫から

何を学び、どのように変化・成長し
幸せになることがきたのか?を書きたいと思います。

今日は、
幸せな結婚への道⑥~産後クライシスと孤独感
からの続きです。

●幸せな結婚への道⑦~夫婦関係の危機と修復への努力

私が、初めての子育てに集中している間に
私たち夫婦の間には
産後クライシスが進行していきました。

夫は、産後、仕事を理由に
遅い時間に帰ってくるようになり、
家にいる時も、不機嫌でした。

今までなら怒らなかったことでも
急に怒り出したり、

赤ちゃんにも、
あまり関心がないように見えました。

「どうして、子どもを欲しがっていたのに
赤ちゃんを可愛がってくれないのだろう・・・」

という不安を、私は強く感じていました。

その不安を払拭するために

「夫はまだ父親になれないでいるのだろう。
そのうち、父親の意識が育ってくるだろう。」

と思っていました。

でも、そうではなかったのです。

夫は、私が間違っている!と感じて、
私を責めていたのです。

相手を責める

夫の不機嫌、怒り、無関心の原因は

産後、私が赤ちゃんばかり
世話をすることだったのです。

彼の口から、彼の思いを聞いたとき
彼の主張のすべてに
納得したわけではなかったのですが

「私が間違っていたんだ・・・」

と考えるようになりました。

そのため、必死になって
夫婦関係の修復のための努力を始めました。

夫を喜ばせようと、
彼の好きな料理を作ったり、
料理の品数を増やしたり。

夫が帰ってくると、
夫の顔色をうかがい、
話したそうだったら、話を聞いたり。

夫の話す内容が
私を責める言葉だったとしても
反論せずに聞いたり。

今思い返してみても、
夫婦関係修復のための努力が
空回りしている感じではありますが、

その当時は、
「私が悪い」という罪悪感から、
思いつく限りのことを必死にしていました。

でも全然、夫婦仲はよくならず
私は、自分の無力感、無価値観、を感じていました。

「このままじゃ、一緒にやっていけない。
離婚するしかないのかな・・・」

という不安や悲しみを感じて
人生のどん底にいるような心境でした。

「やっぱり私は
幸せな結婚はできない運命なのか・・・」

強い絶望感を感じていました。

本当に、しんどい日々でした。

その時、私が感じていた感情は、
その時に感じていたものではありますが、

私が感じていた感情の≪ルーツ≫は、
実は別のところにある、ということに、
その時は、全く気づいていませんでした。

そのことにセラピーで気づいて、
子どものころに体験した

大きなトラウマを癒すことができた時から、
少しづつ夫婦関係の修復が進んでいきました。

幸せな結婚への道⑧
~問題にある本当の思いに気づく
 に続く・・・

最後までお読みいただきありがとうございました!

山本沙世(やまもとさよ)

あなたの婚活を成功へと導く【無料】メール講座
あなたの婚活がうまくいかない原因、うまくいくためには何をすればいいかを解説します。
⇒【無料】メール講座、購読お申し込みはこちら!


◆ 婚活、結婚生活などのご相談は、お気軽に【無料のメール相談】をご利用くださいませ。
無料メール相談