「一生ものの愛を手に入れたい!」あなたへ

ビリーフチェンジセラピー
一生ものの愛を手に入れるお手伝いをしています、
マリッジカウンセラーの山本沙世です。

私は、理想の結婚、理想の人生を実現するために
長年カウンセリングやセラピーを学び、実践し続けてきました。

私は、33歳の時に、一度離婚を経験していますが、
2度目の結婚で、再び離婚の危機に陥りました。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんもいたので、
「なんとか離婚せずに夫婦関係を改善したい」という必死の想いから、
ビリーフチェンジセラピーに出会い、そこから幸せな結婚を実現しました。

そこで今日は、
子どもであってはいけない」というリミッティング・ビリーフ
があると、どのように夫婦関係がしんどくなるのか?をご説明します。

●自分より他人のことを優先しなければならない!?

「自分より他人のことを優先しなければならない」

あなたも、このように信じて、
相手のことを優先することを心がけていませんか?

私は、子どもの頃から、
「自分より相手のことを優先すること」を心がけてきました。

この思い込み(信念)は、母との関係で作られました。

母は家族のために、
仕事も、家事も、育児も頑張っていました。

同時に、夫婦関係に悩みがあり、
私は、そんな母の愚痴聞き役でした。

愚痴を聞くことは、
子どもの私にとっては負担でしたが、
それを嫌だとは言えませんでした。

私は思春期で、本当は
自分のことで精一杯だったし、
私の話を聞いて欲しかった。

でも、そのことも言えませんでした。

だって、お母さんが
しんどそうだったから。

その時、私は母との関係を通じて、

私は、自分のことよりも、
お母さんを優先にしなければならない

というビリーフ(信念)を身に付け

自分よりも相手のことを優先する
人間関係を築くようになりました。

●リミッティング・ビリーフからくる私の恋愛、結婚の悩み

私は、自分から好きになった人ではなく、
好意を寄せられた人とばかり、お付き合いしてきました。

最初は結構、うまくいっているのです。

が、途中から、
≪受け取る、与える≫のバランスが崩れてきて、

いつの間にか、
相手の面倒をみることが増えてきました。

本当は、私が助けてほしいくらいな時でも
相手のしんどそうな顔をみると、

自分の欲求を我慢して、頑張ってしまうのです。

でも、自分の欲求を我慢して
無理しているから
だんだんとしんどくなる。

だから、
私がしんどくなっていることに
相手が気づいてくれることを、期待していました。

でも、気づいてくれません。

そして、気づかなくても仕方がない。

だって、相手は自分のことで
いっぱいいっぱいなのだから・・・と、

気づいてもらうことを、
あきらめたりしていました。

自分の気持ちを伝えることで、
分かってもらおうとすることも
あきらめていました。

これらすべてが、
子どもの頃の母と私の関係を再現していました。

これを≪トラウマの再演≫といいます。

●トラウマの再演から、夫婦関係改善のきっかけをつかむ!

私は、二度目の結婚生活においても、
これまでの男女関係と同じように、

私は、夫の愚痴を聞く、夫の面倒を見る、
夫は、私に愚痴を言う、私を精神的に頼る、

というしんどい関係性を創ってしましました。

「もう、こんなしんどい夫婦関係は嫌だ!」

という想い日増しに大きくなってきて、
「この苦しみから、どうにか逃れたい!」と思いから
必死に、解決方法を探し始めました。

そこで行き着いた先が
ビリーフチェンジセラピーです。

ビリーフチェンジセラピーを学ぶ中で、
私の中に、「子どもであってはいけない
というリミッティングビリーフがあり、

それが夫婦関係がうまくいかない原因だと気づきました。

次回は、セラピー後の変化について、
詳しくご紹介しますね。

【ビリーフチェンジ③】
自分を一番に大切にする
 に続く

今日も読んでいただきありがとうございました!

山本沙世(やまもと さよ)