こんばんは、

婚活戦略の専門家、
マリッジカウンセラーの山本沙世です。

▼お知らせ ==================

申し込みは、明日まで、です。
お急ぎ、お申込みくださいませ。

7/1(日)【婚活セミナー】
1年以内に結婚するための婚活戦略ワークショップ

========================

今日も夏日でしたね。

冷たいものが食べたくなる季節。
スーパーでガリガリ君を買い込みました!

これでいつでもクールダウンできます。
(夏冷えに注意ですね・・・)

さて昨日

「恋愛や婚活がうまくいかない・・・」
原因である【人生脚本】の書き換えには

過去のトラウマ(痛み)の再体験が必要、
とご説明しました。

ただ、心を守る仕組み(防衛機制)があることで、
過去のトラウマ体験(痛み)は、

自分にはないもの、とされています。

そのため、なかなか自覚ができず、
解決が難しいのです。

そこで、今日は、思考レベルで、
不幸の原因を自覚し、解決する方法をお伝えします。


●不幸の8つの原因

ラッセルという哲学者は「幸福論」という著書の中で、
「不幸の原因は8つある」と書きました。

1.悲観主義
2.競争
3.退屈と興奮
4.疲れ
5.ねたみ
6.罪の意識
7.被害者妄想
8.世評に対するおびえ

この中から、セラピーでよく扱う
6.罪の意識 について詳しく解説したいと思います。

●「結婚しない私はダメだ」という罪悪感

例えば、
「女は、結婚することが幸せだ。」
「結婚してこそ一人前だ。」

などと親に言われて育つと、

「結婚しない」人生を選ぶと、
悪いことをしているような

罪の意識=罪悪感、を感じます。

しかし、
親から教えられた価値観、考え方は、
絶対的な正解ではありません。

大人の視点で見てみると、
「結婚しなくても、女性として幸せになれる。」
「結婚しなくても、人として成長することができる。」
ことは分かると思います。

しかし、子どもは親の価値観・考え方を、
絶対的な人生ルール、として
無意識にそれを受け取り、それを守るため、

親から受け取った
人生ルールに合わない選択をすると、

「私は間違っている。〇〇な私はダメだ。」

という罪悪感を感じます。

(罪悪感を感じていることは、
無自覚であることが多いです。)

そして、
「結婚しない私はダメだ。」と感じて、

「親を喜ばしたい。親に認められたい。」
という動機から、婚活を始める方も多いです。

そのような方も、カウンセリングやセラピーで、
「結婚しなくても、私はダメじゃない。」
と心から思えるようになると、

結婚しない人生を、自由に生きられるようになります。

▼【婚活カウンセリング体験談】
「パートナーがいないだけで、 世界中から
≪ダメ出し≫されているような気がしていたけど、
今は全くそういう感覚はなくなり、
自分に自信が持てるようになった。」

つまり、カウンセリングやセラピーでは、
親から無意識に受け取った人生ルールを自覚し、

「〇〇な私はダメ」という罪悪感、
自己否定感をなくすことで、
新しい人生ルールを創り出していきます。


●不幸の原因(罪悪感)を自覚するワーク

ここで、今日のテーマである、

≪思考レベルで不幸の原因(罪悪感)を自覚する≫
ためのワークを行いたいと思います。

あなたが

「〇〇な人でなければならない。」

と考えていることを、書き出して見ましょう。

・・・・

・・・・

なかなか思いつかない人は
「なんて、私はダメなんだ。」と
≪自己否定≫を感じる場面を思い出してみてください。

あるいは、
「〇〇をする人は、間違っている。」
「これが、人として正しいことだ。」
を考えていることは、何でしょうか?

・・・・

・・・・

いかがですか?
書き出せましたか?

では、そろそろ見ていきたいと思います。

「〇〇な人でなければならない。」
と考えている時

そうではない自分には、【罪悪感】を感じます。

そして、【罪悪感】を感じないために
「〇〇な人であろう」と人は心がけます。

例えば、過去の私は
「寛容な人でなければならない。」
と考えていました。

そのため、相手が私に嫌なことをしてきても
相手を許そうと、
寛容でいることを心がけていました。

やっていることだけ見ると、
私は寛容で器が大きな人、
に見えるかもしれませんが、

内心は、全然、寛容ではありませんでした。
相手に対して、激しい怒りを感じていました。

そのため、心の中では、
寛容ではない、怒りを感じている自分を
「私は、なんて器が小さいんだ。」
と自分を否定していました。

●罪悪感を手放す言葉

私は、寛容ではない≪本当の自分≫でいることを
自分に許可をしていなかったので、

怒りを表現することができませんでした。

そして、私が怒らないことで、
私の恋人やパートナーは、

浮気という形で私を裏切ったり、
私に暴言を吐く、私を粗末に扱うなどの
言動を繰り返していました。

つまり、
「寛容な人でなければならない」という考え方が、
私の恋愛、結婚がうまくいかない原因でした。

そして、このうまくいかない人生を
変えるために、

「怒りを感じている私は悪くない。
私は怒っていい。」

と私は私に伝えました。

「□□な私は悪くない。私は□□をしていい。」

これが、罪悪感を手放す言葉です。

「相手の期待に応えなければならない」
という考え方がある時は
相手の期待に応えられない自分に、罪悪感を感じます。

この罪悪感を手放す言葉は、

「相手をがっかりさせても私は悪くない。
私は、相手をがっかりさせてもいい。」です。

上記のケースをセラピーで扱うと、
「なぜ、過剰に相手の期待に応えようと
頑張るようになったのか?」を探り、
根本解決に取り組みますが、

元々の体験と向き合うことが難しい時でも、
罪悪感を手放す言葉を、
何度も自分に語りかけることで、

罪悪感から、自分で自分を不幸にすることを
終わらせることができます。

●罪悪感が不幸の原因

==========================

罪悪感を解放するとは、あらゆる形の自己攻撃から
自ら解き放つことです。
なぜなら、罪悪感を持っていると、私たちは必ず自らを罰するか、
他人を使って自分を罰してくれるよう仕向けるからです。
(「チャック・スぺザーノ博士の癒し大全」より引用)
==========================

自分、あるいは他者から攻撃を受けたと感じる時、
私たちは、痛みを感じます。
そのため、攻撃してきた相手を攻撃し返します。

攻撃する相手が自分の場合は、
(=自己否定の言葉が多い時など)

自己イジメを繰り返し、自分で自分を不幸にします。

あなたが、幸せになるために
しなければいけないことは、

罪悪感を手放すことです。

そして、自分や他者への攻撃をやめることです。

「□□な私は悪くない。私は□□をしていい。」

という、罪悪感を手放す言葉を
自分に語りかけてあげてください。

あなたを幸せにできるのは、あなた自身です。
どうか、自分で自分を幸せにしてあげてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

山本沙世(やまもと さよ)

▼Line@にご登録いただくと、
ブログやメルマガの更新情報をお知らせします☆彡
友だち追加

あなたの婚活を成功へと導く【無料】メール講座
あなたの婚活がうまくいかない原因、うまくいくためには何をすればいいかを解説します。
⇒【無料】メール講座、購読お申し込みはこちら!


◆ 婚活、結婚生活などのご相談は、お気軽に【無料のメール相談】をご利用くださいませ。
無料メール相談