女性で、女性らしい恰好ができない、「男らしさ」「女らしさ」「男女平等」といった言葉に過剰に反応する

▼自己診断チェック

□異性にちかづくことに違和感を感じる

□女性で、女性らしい恰好ができない、したくない(スカートを履かない、女性らしい色の服装をしない、短髪、化粧をしないなど)

□「女らしさ」「男らしさ」「男女平等」といった言葉に過剰に反応する

□異性に対して過剰にライバル心や攻撃心を持つ

□女性で、「男にだけは負けたくない」という気持ちが強く、意地になって働く。やられたらやり返す(「女だからって、なめるなよ・・・」)

□自分は何かが違う感じがする

□女性で、ことさらに女性らしさ(格好など)にこだわる

▼悩みの原因(リミッティング・ビリーフ)

「自分の性別であってはいけない」

「自分の性別であってはいけない」を持つものは、心のどこかで
「自分は違う性別で生まれるべきだった」と感じており、
実際の自分の性別に対して違和感を感じる。

「女性が男性っぽい服装や、振る舞い、言葉使いをする」
「異性に対して、過剰にライバル心や攻撃心を持つ」

女性の場合は、月経前症候群(PMS)や月経不順、生理痛、
不正出血、不妊、更年期障害の原因になることもある。

▼刷り込みの場面(リミッティング・ビリーフが刷り込まれた幼少期の出来事)

親が望んでいたのは違った性別で生まれてきた子どもに対して、
「お父さんもお母さんも、おまえが女(男)の子だったからガッカリした。
本当は、男(女)の子が欲しかったんだよ」のようなメッセージを通して刷り込まれる。

また、言葉では直接伝えなくとも、「息子にレースうあフリルのついた服を着せてかわいがる」
「娘に男の子のような恰好をさせて、元気に遊ばせる」といったように
非言語的なメッセージを通して刷り込まれる。

・親が異性の兄弟、姉妹ばかりをかわいがった。

・親から「おまえみたいな性格は異性に向いている」と言われた。

・(女の子が)「男の子には負けるな」「女に生まれたら損」
「女は勉強や仕事をしなくていい」「女はお嫁さんになるのが一番の幸せ」
などと母親から言い聞かされた。

・性的虐待を受けたことがある(「私が女だからこんな目に遭ったんだ…」)

(以上、「あなたの『悩み』がみるみる消える24の方法」棚田克彦 より引用)

「男性に対して仕事の自慢話をして、自分の凄さをアピールすることがある。」

「男性より年収が高いことを誇りに思っていて、
男性の年収が自分より低いことで、男性を見下しているところがある。」

「男性と口論になった時に、勝ちたい、相手を負かしたい気持ちが強い。」

「女性らしい女性や、女性の集まりが苦手。」

「お見合いで普段着ないような女らしい服装をすることに、強い抵抗感や苦痛を感じる。
そのような恰好をしている自分に対して、自分を偽っていると感じる。」

「結婚後の家事分担などを、平等にしたい気持ちが強い。」

「エステや化粧など、自分がキレイになることに興味がない。」

このような言葉をご相談者さまからお伺いした際に、
【女性であってはいけない】のリミッティング・ビリーフが
あるのではないかという見立てを行い、カウンセリングやセラピーを行います。

婚活や結婚生活においては、女性が女性らしくいることを
自分に許可できると、男性との衝突が減り、男性との関係性がよくなります。

また、男性からみても、女性として魅力的に映ることで、
交際が進展しやすくなり、結婚後もいい関係を築けます。

男性との交際が進展しない、深まらないようなときには、
この【女性であってはいけない】のリミッティング・ビリーフの解消を
行うことで、婚活や交際がうまくいく可能性が高まります。

ビリーフチェンジセラピーの結果が、早い段階で実感できるため、
【女性であってはいけない】のリミッティング・ビリーフがある場合は
早めにセラピーで取り扱うことをおススメします。

無料メール相談

◆ 婚活、子育て、結婚生活などのご相談は、
お気軽に【無料のメール相談】をご利用くださいませ。

【無料メールカウンセリング】幸せな結婚のための7つの質問
婚活カウンセリングで行っている質問をメールでお伝えしながら、
幸せな結婚を手に入れるためのヒントをお伝えします。