人と親しくなれない、ホンネが言えない、ケンカができない

▼自己診断チェック

□人に近づくことが怖い

□人と親密になれない。仲良くなってくると自分の方から壁を作る

□「近づいてほしくない雰囲気を出している」と人から言われる

□子ども、男性、女性、年上の人など、特定の人に近づけない

□人と一緒にいるとリラックスできない

□人から触られたり、人に触れられるのが嫌。人とハグするのが怖い

□人に自分の物を触られるのが嫌

□人と腹を割った感情レベルの話ができない。自分の本音を言えない。
ケンカができない(なせなら、心理的に近づけないから)

□異性関係にだらしがなく、遊び人(肉体関係は持つが、心理的に人に近づけない)

□自分の本心を悟られないように、または、触れられたくない話題を避けるために
ずっとしゃべり続ける

▼悩みの原因(リミッティング・ビリーフ)

「人に近づいてはいけない」

「人に近づいてはいけない」を持つ者は、人に近づくことや
人と親密な人間関係を持つことに対して、恐怖を感じる。

その結果、人間関係がギクシャクしたり、不適切な人間関係を築く傾向がある。
また、過剰に人に近づこうとする者や、社会性を欠いた近づき方をする者もいる(ストーカーなど)。

▼刷り込みの場面(リミッティング・ビリーフが刷り込まれた幼少期の出来事)

・「親が怖い、機嫌が急変しやすい、何を考えているのかわからない、
 自分のことを嫌っている、自分に無関心」といったような理由で、
 子どもの頃に親に安心して近づくことができなかった。

・親から虐待を受けた

・学校などでいじめを経験し、「こんな目に遭うのなら、人に近づくのはやめよう」
 と心に決めた

・子どもの頃に親や親しみを感じていた人と死別し、
 「親密になってもどうせ死んでいなくなってしまうのだから、
 二度と人には近づかないでおこう」と心に決めた

・子どもの頃、親からスキンシップ(身体に触れるコミュニケーション)を
 与えられなかった

・親が親密な人付き合いをしない人だった

・親から「〇〇君とは遊ぶな」「〇〇の職業の人とは付き合うな」「金持ちは悪人だ」
などと言い聞かされ、特定の人に近づけなくなった

(以上、「あなたの『悩み』がみるみる消える24の方法」棚田克彦 より引用)

「男性から好意を示されると、なぜだか嫌な気持ちがして、避けてしまう。」

「男性とデートしても、当たり障りのない会話しかできず、
 親しくなれずに、自然消滅してしまう。」

「男性と交際している時に、『寂しい』と伝えたことがない。」

「男性に対して不満はあるけど言えずに、自分から身を引く。」

「正直、デートは疲れる。一人の方が楽。」

このような言葉をご相談者さまからお伺いした際に、
【人に近づいてはいけない】のリミッティング・ビリーフが
あるのではないかという見立てを行い、カウンセリングやセラピーを行います。

【人に近づいてはいけない】のリミッティング・ビリーフを持つ方は、
子どものころに、安心して両親に近づくことができなかった経験(トラウマ)から
大人になって、人に近づくことへの【怖れ】を感じています。

セラピーで、両親に対して感じていた感情を消化し、両親への期待を手放し
理想の親に一歩一歩、ゆっくり近づいていくチャレンジを行います。

理想の親に近づくたびに、【怖れ】の気持ちを感じますが、
【怖れ】を感じながらも近づき、最後に「人に近づいても大丈夫」という
【安心感』を感じることで、過去の経験(トラウマ)から解放されます。

主に、グループカウンセリングの中で、「人に近づいてはいけない」の解消を行っています。

⇒婚活グループカウンセリングについては、こちら! http://marriage.cocolonavi.com/konkatsu/

無料メール相談

◆ 婚活、子育て、結婚生活などのご相談は、
お気軽に【無料のメール相談】をご利用くださいませ。

【無料メールカウンセリング】幸せな結婚のための7つの質問
婚活カウンセリングで行っている質問をメールでお伝えしながら、
幸せな結婚を手に入れるためのヒントをお伝えします。