心理セラピストの山本沙世です。

カウンセリングで、
クライアントさまの過去の辛い話を聞くたびに、

「何がその不幸を選ばれせているのだろう・・・」

と考えさせられます。

私たちはよく「幸せになりたい!」と言いますが
自ら不幸を選択していることがあります。

例えば、

こどもの頃、両親が一生懸命働いて
苦労している様子を見ていると、

「お父さん、お母さんをこれ以上頑張らせてはいけない!」

と子どもながらに気を遣ったりします。

すると、本当はお父さんお母さんに
もっと一緒に遊んでもらいたいのに、

そのことを言わずに我慢したりします。

でも、自分の甘えたい欲求を我慢しているのは、
子どもにとってはとても辛いので、
次第に、欲求自体を感じなくなってします。

さらに、毎日仕事ばかりで、
自分の喜びを我慢している両親を見ていると

「自分だけ楽しんではいけない!」

というリミッティング・ビリーフを持つようになります。

リミッティング・ビリーフとは、
自分の自由な行動選択を制限する思い込み。

「~してはダメ。」
「~すべき。」
という心の声が、あなたの行動を制限しています。

このリミッティング・ビリーフが
自分で自分を不幸にしてしまう原因です。

「幸せな結婚がしたい!」

と色々努力するものの、なぜだか男運に恵まれない方は
あなたの幸せの邪魔をする
リミッティング・ビリーフを持っているのかも知れません。

あなたの人生を制限する24のリミッティング・ビリーフ

リミッティング・ビリーフには、下記のようなものがあります。

例えば、「子どもであってはいけない」は、
第1子が持ちやすいリミッティング・ビリーフです。

自分の素直な気持ち、欲求を我慢して、
相手の気持ちを優先する傾向があります。

「子どもであってはいけない」は、

「お姉ちゃんなんだから、我慢しなきゃダメよ。」
「いつまでも子どもみたいに甘えていないで一人でしてね。」

と言った親からの言葉を受けて、親から愛されるために、
親の期待通りの行動をしなければならない、と学びます。

本当は「お父さん、お母さんにもっと甘えたい」
という気持ちを持っていますが、
「甘えることはダメなことだ。」と禁止をしてきたことで、
大人になっても、周りの人に甘えることができません。

そのため、男女関係で甘えることが苦手になり、
恋人やパートナーとの関係で親密さが生まれにくくなる、
といった問題となって現れてきます。

このお悩みを、解決するためにすべきことは、
リミッティング・ビリーフを解くことです。

具体的には
ビリーフチェンジセラピーを行っています。

ビリーフチェンジセラピーは、
無意識にあるリミッティング・ビリーフの存在に気づき、
それを解除することで、

自分で自分を幸せにできる
新しいビリーフを手に入れるためのセラピーです。

ビリーフチェンジセラピーで
自分で自分を不幸にしてしまうリミッティング・ビリーフを
解除することができると、

自然と幸せになれる
行動や考え方ができるようになります。

あなたが今、どんなリミッティング・ビリーフを持っていて、
婚活がうまくいかなくなっているのか?を無料診断しています。

ぜひ、お気軽にお試しくださいませ。

▼婚活のお悩み「リミッティング・ビリーフ」無料診断、はこちら!

⇒ https://resast.jp/page/fast_answer/4776

※ビリーフチェンジセラピーについて解説してい45分のセミナー動画を無料公開しています。

24のリミッティング・ビリーフ診断