婚活戦略その3

婚活カウンセリング&コーチングで使用いたします
婚活戦略プログラムの基本的な考え方についてご紹介します。

婚活戦略その2で【理想の結婚のイメージ】を明確にしました。
次は、あなたのUSP(ユニークセールスプロポーション)をはっきりさせましょう。

USPとは、マーケティングの用語で
他の商品にはないその商品の独自性、個性などの売りです。

婚活においても、アナタのUSPを明確にし、アピールしていくことで、
他の異性との差別化を行い、他ではない「あなた」自身を選ばせることができます。

自分を客観的に見るためにも、
マーケティング視点の商品という視点で自分を見てください。

「あなた」という商品を、婚活市場で効果的にターゲット層にアピールしていくという、
マーケティングの発想で婚活を行うことを、婚活戦略プログラムではベースにしています。

あなたのUSPは何でしょうか?

まずは、ルックス、性格、職業、出身地、キャリア、趣味、特技
などの面から探っていきましょう。

例えばルックスであれば、
黒髪、ロングヘアー、色白、目が印象的、足が長い、手がきれい、
声が魅力的、えくぼ、など、今までほめられたところを中心に
思いつく限りノートに書いてみてください

また、他の人から見たあなたの魅力も探ってみてください。

そして出てきたキーワードの中で、
他の女性と差別化できそうなポイントを3つほど組み合わせて、
あなたのキャッチコピーを考えてみましょう。

婚活戦略その2でイメージした
理想のパートナーの心を動かしそうなキャッチだと更にいいですね。

例えば、

「秋田出身 明るく色白な幼稚園の先生」

「黒髪 小柄で声がキュートな受付嬢」

などはどうでしょう。

秋田美人、京都美人という言葉があるように、地名に美人というイメージが
あるものは、相手にそういった印象を自動的に引き起こさせるので、
アピールすることをオススメします。

また、幼稚園の先生は優しい、受付嬢はきれいなど、
職業にリンクされたイメージを使うのもオススメです。

人はできるだけ早く相手を理解したい、と思うものです。
相手を早く理解したいという気持ちから、血液型を聞いたりするのです。

心理学的に申し上げると、血液型占いはまったく根拠のないものと言えます。
あえて言うならば、血液型占いを信じて育ってきた日本人の間では
血液型ごとの傾向は「刷り込み」という形でアナタの自己認識に影響を与えています。

そのため、日本人の間では、相手の血液型を聞くことで
アナタを早く理解できると思っているので、血液型の傾向とは違う面を強くアピールすると、
相手はアナタを理解しにくい人物と認識し、打ち解けるまでに少し時間がかかるかもしれません。

なぜなら、人は単純化されたイメージを崩されると、相手に対して混乱を感じるからです。

イメージと違うポイントをアピールすることは「注意を引く」という点では効果的ですが、
ギャップが大きすぎると、
相手に対する不安感から避けられてしまいますので注意してください。

相手が勝手に抱くよいイメージはそのまま取り入れ、
そこにアナタならではのポイントをプラスしてアピールすることで、
あなたの存在を相手に早くハッキリ印象付けることができます。

そして、初対面ではアナタが用意したキャッチコピーのような印象を
相手に与えることを目標にファッションや会話をプランしましょう。

無料メール相談

◆ 婚活、子育て、結婚生活などのご相談は、
お気軽に【無料のメール相談】をご利用くださいませ。

【無料メールカウンセリング】幸せな結婚のための7つの質問
婚活カウンセリングで行っている質問をメールでお伝えしながら、
幸せな結婚を手に入れるためのヒントをお伝えします。