セラピーを10年近くしてきて分かったことは、
「成長してはいけない」という【思い込み】(リミッティング・ビリーフ)が原因で
長く婚活をしているにも関わらず、結婚に至らないことが多いということ。

セラピーをしてみると分かりますが、
ご相談者さまが、成長しないことを選択したのには

深~い深~いワケがあるのです。

子育てをしてみて、実感することですが、

子どもにとって、
成長することは、喜びです。

今までできなかったことが、出来るようになったり
出来るようになった自分に自信が持てたり。

うちの娘も、今まで出来なかったことが
出来るようになった時に、「私、すごい~?」
と笑顔で確認してきます(^~^)

この喜びの感覚、あなたも分かると思います。

子どもは、周りの大人が、子どもの成長を
一緒になって喜んでくれると
勝手にどんどん成長します。

赤ちゃんが、
いつの間にか、歩けるようになるのも
そのことが喜び、だからです。

人は本来、
成長すること=喜びなのに、
成長する喜びを選ばない、ということは

自分の喜びを諦めても
大切にしたい何かがあるということ。

それは、
「子どもが、子どものままでいてくれることが
親にとっても、嬉しいこと」だからです。

つまり、お父さん、お母さんの幸せのために
自分の成長する喜びを諦めた、ということ。

私のケースでは、私は、子どものころから、
父の小さな恋人でした。

父が持っている寂しさを癒すために
私は小さな恋人で居続けてきました。

大人の女性になって、幸せな結婚をしてしまったら、
父の小さな恋人で居続けられません。

だから、
大人の女性になることを無意識ですが、あきらめて、
幸せな結婚をすることも
無意識ですが、あきらめていました。

自分の喜びより、
お父さんの喜びを優先しました。

これが、私が「成長してはいけない」と自分に
禁止をし続けてきたワケです。

だから、あなたがもし、
「成長してはいけない」と自分に
禁止をしているとしたら、

そこには、親に対する
深い深い愛が隠れています。

子どもはみんな、
親のことを、100%愛しています。

あなたも、例外ではありません。

でも、大人になったあなたには子どもの頃とは、別の形で、
親を愛することができます。

あなたが成長して、親の気持ちを、大人として
理解できるようになることが、
親を愛することにつながると私は感じています。

親を大人として愛するために
安心して、結婚を選択してください。

結婚して、子どもを産んだら、
もっと、親のことが理解できるようになります。

その時に感じる親への感謝や、親となる喜びを
お父さん、お母さんに伝えてあげてください。

きっと、大喜びすると思いますよ(*^▽^*)

▼関連情報
成長してはいけないー24のリミッティング・ビリーフ」について

無料メール相談

◆ 婚活、子育て、結婚生活などのご相談は、
お気軽に【無料のメール相談】をご利用くださいませ。

【無料メールカウンセリング】幸せな結婚のための7つの質問
婚活カウンセリングで行っている質問をメールでお伝えしながら、
幸せな結婚を手に入れるためのヒントをお伝えします。