こんにちは、
婚活戦略の専門家、
マリッジカウンセラーの山本沙世です。

先日、読書会を開催しました!
テーマ図書は、「この人と結婚するために」。

この本は、≪人生最後の婚活塾≫の課題図書としている本で、
ベスト婚活指南書、と言える本です。

この本に書かれていることを、十分に理解し、
書かれている通りに婚活ができれば、

ベストパートナーと出会い、結婚することができます。

私も何度も読んでいる本ですが、
この日は、新たな気持ちで本に質問を投げかけてみました。

すると、とてもいい気づきを得ることができましたので
今日は、私の気づきをご紹介したいと思います。

私が本に投げかけた質問は、
「ベストパートナーと出会うために必要なことは?」

本から得られた答えは、下記の3つです。

●相手を正しく理解する能力
●ありのままの自分を表現すること
●4つの引力の確認

順番に説明しますね。

◆相手を正しく理解する能力

私たちは、目の前の相手を、
≪自分の色眼鏡≫で見ています。

そのため、同じ人を別の人が見ると
相手の印象は、異なります。

つまり、
相手を正しく理解する能力には個人差があります。

相手のことを正しく理解できない原因は、
自分の中にある【期待】や【理想】、
過去の痛みからくる過剰なニーズなどがあります。

そのため、セラピーで過去の痛みを癒していくと、
相手に「こうであってほしい!」と
過剰に求めることもなくなるし、
理想通りでない相手を、受け入れることもできます。

女性が別れを決める時、

「彼は、私の【期待】を裏切った。
【理想】のパートナーではなかった・・・」

とがっかりするものですが、

実は、相手を、自分の【期待】や【理想】に
「あてはめよう」としていただけにすぎません。

つまり、
【ありのままの彼】を、最初から見ていなかったのです。

この【事実】に気づくことができれば、
ベストパートナーに出会うために必要なことは、
相手を正しく理解する能力、だと分かると思います。

そして、その能力を
身に着けるためにするべきことは、

あなた自身の過去の痛みを癒し、
男性に対する期待や理想を、どんどん手放すことです。

◆ありのままの自分を表現すること

安心感や愛で結ばれた
真実のパートナーシップを築くために大切なことは、

お互いにありのままでコミュニケ―ションすることです。

私たちは、大人になる過程で様々な痛みを経験し
そのため、ありのままの自分でいることを、
怖れるようになります。

「もう二度と、傷つかないために・・・」

自分を取り繕い、自分を守るために、
仮面をつけた自分で生きています。

しかし、親密な関係性において
仮面をつけた状態では、真につながることができません。

真実のパートナーシップを築くカギは、
【怖れ】を乗り越え、仮面を外し、
ありのままの自分を表現することです。

ありのままの自分を表現したら、
相手に拒絶されて、傷つくかもしれません。

でも、真に相手とつながるためには、
どうしても避けては通れない道なのです。

◆4つの引力の確認

4つの引力とは、肉体、感情、心、精神です。

肉体や感情が、相手に惹かれたとしても
心や精神も、相手に惹かれていなければ、
ベストパートナーとは言えません。

この4つの引力の違いを「分かる」ためには、
「愛とは何なのか?」を理解する必要があります。

愛とは、「愛される」ことではなく「愛すること」

この感覚が、体感レベルで分かるようになると、
精神的引力で相手に惹かれているのか?
「分かる」ようになります。

多くの女性が、相手に惹かれている時、
「彼は私を愛してくれるのではないか?」という
【期待】から惹かれていることがあります。

その状態は、肉体や感情で
惹かれているにすぎません。

「彼が、私のペストパートナーだ」と分かるためには、
愛する能力を高める必要があります。

ハッピー・マリッジカウンセリング講座では、
パートナーシップの権威の本を通して、
パートナーシップの本質を学んでいきます。

本を読んだだけでは理解しきれない深い部分を、
私の経験から、かみ砕いてご説明します。

読書会には、

・≪人生最後の婚活塾≫会員様
・会員様のご友人
・ワークショップなどのイベントにお申込みいただいた方

がご参加いただけます。

次回の読書会は、2/3(日)です。
この日は、ハッピー・マリッジカウンセリング講座の課題図書を扱います。
興味のある方は、ご連絡くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

山本沙世(やまもと さよ)