こんにちは、
マリッジカウンセラーの山本沙世です。

最近、婚活カウンセリング&セラピー
半年受けていただいたあたりで、交際相手が見つかったり、
結婚相手が見つかる方が続いています。

ご相談者さまからの嬉しい報告が
ぞくぞくと聞けて、私もとっても嬉しいです。

もっと多くの方に嬉しい体験をしていただきたいので、
婚活がスムーズにうまくいくとき、
何が起きているのかをご紹介したいと思います。

「結婚したくない」⇒「結婚してもいい」に変化!

これまで「婚活がうまくいかない」と悩まれている方の
カウンセリングをしてきて分かったことは

親の結婚生活を見てきて
よくない結婚のイメージ、男性イメージを持っている、
ために婚活がうまくいかない方が、とても多いということです。

そのため、
意識では「結婚したい」と思っているけど
無意識は「結婚したくない」と思っており、

無意識の想いどおりに、
婚活はうまくいかない・・・

そのため、無意識にある情報を

「結婚したくない」⇒「結婚してもいい」

に変える必要があります。

「私は、結婚する!」と言い切ってしまうと、
変化を嫌う無意識から抵抗を受けてしますが、

「結婚してもいい」という許可は
「結婚してもいいし、結婚しなくてもいい」

という二択なので、

無意識の抵抗を受けにくい構造になっており、
その結果、変化が起きやすいのです。

「私は、結婚してもいい」と選択するために

結婚したいと思いながら、なかなか結婚につながらない時、
そこには、親からの自立の問題があります。

よくあるケースでは、娘が母親の味方になっており

「不幸な母親をおいて、
私だけが幸せな結婚をしてはいけない」

という禁止を自分自身にかけていることがあります。

そのため、たとえ
母親が不幸な結婚生活を送っているとしても、
それは母親の問題で、私の問題ではありません。
私には、どうすることもできません。

ということを、
セラピーの場でしっかり確認していただきます。

子どもは親のことを100%愛しているため

「親が幸せになるまで、私は幸せになってはいけない」

と子ども心は思ってしまうのです。

このような親への愛に気づき、
それを別の好ましい形で表現することを

婚活セラピー
の場で、宣言していただきます。

この宣言をセラピーで
目の前の親のイスに向かって言うことで、
心理的に親から自立することができます。

婚活セラピー後の変化

婚活セラピーで親からの自立を宣言すると、
今までと、感じ方や考え方が変わり、

その結果、行動に変化が起きてきます。

今まであれば、男性と交際することに
億劫な気持ちや怖れの気持ちを感じていたのに

婚活セラピー
後は、男性に興味がもてたり、
好意を持てる男性に出会ったり、
男性とデートを楽しめる自分がいたりします。

それはまるで、
今まで私が見てきた世界は幻だったの?
と思うくらい、不思議な体験です。

【目の前の世界は、私が作っている】ということが、
婚活カウンセリングやセラピーを経験すると、
実感できると思います。

婚活をしているのに、
なかなかいいご縁に出会えない・・・というときに、
必要なことは、

自分磨きに励んだり、行動範囲を広げるのではなく

目の前の世界を作り出している
自分自身の潜在意識を変えること
、です。

あなたの潜在意識は、
幸せな結婚に対してOKを出してくれていますか?

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

山本沙世(やまもと さよ)