マリッジカウンセラーのさより~なです。

先日、恋とニュースの作り方という映画を見ました。
この映画を見てアラサー・アラフォー女性の
「恋と仕事の両立の難しさ」ついて考えさせられました。

主人公の女性は、熱意と情熱をもって仕事に取り組んでいる女性。

そのため、彼と食事をしているときも、
仕事に関連したニュースが流れると、いてもたってもいられず、
現場に行きたくなってしまう。

男性からすると、自分との時間より仕事を優先してしまう彼女に対して、
好ましくない思いを感じ、そのため、彼女はいつも恋がうまくいかない。。。

アラサー・アラフォー女性の中には、このような経験をされた方が
いらっしゃるのではないでしょうか?

「急な残業で彼とのデートをキャンセルしてしまった。」
「彼とのデート中でも仕事の電話がかかってきたら出なくちゃいけない。」
「彼と一緒にいても、ときどき仕事のことが浮かんできてしまう。」

など、仕事に一生懸命な女性にとっては、
恋と仕事の両立はなかなか難しいかもしれません。

アラサー・アラフォー世代の働く女性の中には、
働くことに生きがいとやりがいを持っている方が
多くいらっしゃると思います。

そして、「結婚後もできれば仕事を続けていきたい」
と考えている方も多くいらっしゃると思います。

そのような方にとっては、パートナーとなる男性に
アナタの仕事を理解してもらうことは大変重要なことだと思います。

例えば、結婚してアナタが仕事で家事に手が回らない時、
彼に食事の用意をお願いできますか?

仕事をしながら家事を一人でこなそうとすると、
次第に相手に対し不満が出て来る可能性があります。

人によっては、ちゃんと家事をこなせない
自分を責める場合もあります。

共働きの夫婦のパートナーシップにおいては、
家事の協力は欠かせないものです。

しかし、男性は女性が期待したほど家事に協力的でなかったり、
そもそも家事能力が低かったりします。

「家事に協力的でない彼に、
どのようにして家事を手伝ってもらうか?」

男性への依頼の方法には、コツがあります。

共働きで女性が主に家事を担当している場合は、
「どうして私ばかりが家事をするのが当り前なの?」
という気持ちを抱くと思いますが、
その気持ちはまず横においておきましょう。

共働きであっても、男性は
「家事をするのが当然だ」と思っていないものです。

男性は、「家事を手伝う」という視点を持っていることを理解しましょう。

そして、彼が家事に協力した際は、
その報酬をアナタが提供しましょう。

例えば、彼の家事能力を褒めたり、感謝したり、喜んだりすることです。

最初のうちは、家事に不慣れな彼に対して
ダメ出しをしたくなるかもしれませんが、
そこはぐっと我慢して、やってくれたということに感謝しましょう。

家事のやり方をよくしたいのであれば、ダメ出し口調ではなく、
「こうするともっと楽にできるよ」
と提案型で詳しいやり方を伝えてみてください。

最初のうちは、ちょっとイラっとすることもあるかもしれませんが、
彼が家事を手伝ってくれるようになると、
自然と彼に対する愛情も高まるものです。

そして、アナタが笑顔になることで、
彼はアナタの役にたっているという満足感から
さらに家事を手伝ってくれるようになるでしょう。

パートナーとなる男性が家事に協力してくれるようになると
仕事と家庭を両立しやすくなります。

「どうして家事をしてくれないの!」
という相手を責める視点ではなく

「家事を手伝ってくれるとすごく助かる!」
という感謝の視点でいると
夫婦の関係もよくなります。ぜひ実践してみてください。

無料メール相談

◆ 婚活、子育て、結婚生活などのご相談は、
お気軽に【無料のメール相談】をご利用くださいませ。

【無料メールカウンセリング】幸せな結婚のための7つの質問
婚活カウンセリングで行っている質問をメールでお伝えしながら、
幸せな結婚を手に入れるためのヒントをお伝えします。