夫婦関係カウンセリング&セラピーを受けられた方の感想をご紹介します。

ご相談者様:匿名希望 (40代、既婚女性)

お申し込みの際のメール

主人とある女性との間であった出来事で悩んでいます。どうすればいいでしょうか?
(プライバシー保護のため、詳細は省略させていただきます。)

質問1:カウンセリングを受ける前はどんなことで悩んでいましたか?

主人とのコミニケーション不足に悩んでいました。

自分の本音がうまく伝えられないもどかしさや、自分を理解してもらっていない、
という気持ちが募り、主人に対して不信感がありました。

質問2:カウンセリング中に、感じたこと、気付いたことは何ですか?

カウンセリングを通じて、自分の気持ちをひとつづつ整理してもらい、
自分が主人にどうしてもらいたいか?、が明確になりました。

そして、今まで自分が相手に受け入れてもらいやすい表現方法をしていなかったから、
うまく私の真意が主人に伝わっていなかったのだ、と言うことに気づきました。

質問3:カウンセリングを受けた後に、どのような行動をしましたか?

主人に対して、メールを書きました。

メールには、「自分が何に悩んでいるのか、そして自分の気持ちを理解してほしい」
ということを書きました。

書いた後、カウンセラーの山本さんにチェックしてもらい、
相手を責めているような文面は削除し、「私はこう感じた」という風に、
自分の気持ちを伝えることにフォーカスしました。

そして、今後主人にどういう風にしてもらうと嬉しいのか?
具体的な行動についても書き加えました。

カウンセラーのアドバイスの通り、
感謝の気持ちと、主人をとても愛しているということも書きました。

質問4:カウンセリングを受けた後で、日常や人間関係で変化したことは何ですか?

自分の気持ちに敏感になったと思います。

自分の中に、「相手の気持ちにばかりにフォーカスするクセ」があることに気づき、
もっと自分の気持ちに素直になってよいのだ、と思うようになりました。

今まで主人を思いやることばかりで、
自分の気持ちを伝えてこなかったことに気づきました。

もっともっと、自分に素直になってよいのだと思いました。

主人も、「今まで、ごめんね」と謝ってくれましたし、
より私を思いやる言葉を発してくれるようになりました。

自分の気持ちを大事にしたら、
主人からも大事にされるようになったのは驚きです。

教えて頂いた伝えるポイント
(相手を責めるのではなく、まず自分の気持ちを伝え、
こうしてもらえると嬉しい、ということを具体的に提案する)
を実践したことで、思い通りの意志の疎通が図れたと思います。

この伝えるポイントを間違えなければ、
かなり素晴らしいコミニケーションが取れるということがわかりました。

何も我慢しなくてもよいのだ、と思いました。

もちろん、すべてを主人が受け容れてくれた訳ではありませんが、
自分の気持ちを正直に伝えたということで、妙に気持ちがスッキリしました。

相手が私の気持ちを知っていてくれる、というだけで
不信感というものは案外解消してしまうものなんですね。

質問5:カウンセリングを受けた後に、感じたこと、感想を教えてください。

自分の事って、自分ではなかなか自分一人では気づけないものだ、と思いました。

私は人からの相談事を結構受ける方だったのですが、カウンセラーの山本さんに聞いてもらって、
客観的に自分を見ることが出来たように思います。

また、カウンセラーの山本さんから「状況をよりよい方向に向けるいろんな提案」を頂き、
自分にできそうなことを選ぶことが出来たので、すごく参考になりましたし、
視野が広がったような気がしました。

⇒ 夫婦関係カウンセリング&セラピーの詳細はこちら!

無料メール相談

◆ 婚活、子育て、結婚生活などのご相談は、
お気軽に【無料のメール相談】をご利用くださいませ。

【無料メールカウンセリング】幸せな結婚のための7つの質問
婚活カウンセリングで行っている質問をメールでお伝えしながら、
幸せな結婚を手に入れるためのヒントをお伝えします。